<主将 山本大旗>
4年間沢山のご声援とご支援を誠にありがとうございました。最終学年では主将という素晴らしい経験をさせて頂き、皆様のご声援をより一層背中で感じながら競技に打ち込むことが出来ました。重ねて御礼申し上げます。
昨年度は、We Willというスローガンの下、部員全員が昇格への当事者意識を持ち、ラグビーに取り組んで参りましたが、結果的に目標を達成することは出来ませんでした。皆様の期待を裏切る結果となってしまい、大変申し訳なく思っており、主将としての甘さと力の無さを痛感しております。
しかし私自身にとってこの4年間は非常に学びの多い時間であったと思っております。これからはOBとして立教ラグビー部に恩返しを出来るように精一杯努めて参ります。今後とも変わらぬ応援を宜しくお願い致します。

<副将 眞壁照男>
4年間、沢山のご支援、ご声援をいただきありがとうございます。
4年間を振り返ると1年目から4年目まで目標を達成する事が出来ず、正直悔しい大学ラグビー生活でした。しかし、そんな学生生活だからこそ沢山のことを学び、沢山の人に支えられていることに気づく事が出来ました。大学4年間で学んだことを活かしていき、成長していきたいと思います。
これからも立教大学ラグビーをOBという立場で支えていきたいと思います。

<主務 宮川千範>
サポーターの皆様、日頃より多大なるご支援、ご声援を頂き誠にありがとうございました。
入部を迷っていた4年前の新歓期間を懐かしく思います。あの時自分の背中を押してくれた先輩達や、立教新座高校の同期には本当に感謝しています。
仲間達と過ごすラグビーを中心とした生活は、かけがえのない時間でした。もちろん楽しい事ばかりでなく辛い事もありましたが、今となってはどれも良い思い出です。
また主務を務めるにあたり、チームが多くの方々に支えられ成り立っている事を改めて実感致しました。個人と致しましては、大きな組織の運営を支えるやりがいと責任という貴重な経験をさせて頂きました。自分の無力さを実感しながらも試行錯誤した日々は、自身を大きく成長させてくれた思います。
重ねてにはなりますが、4年間本当にお世話になりました。ありがとうございました。この4年間の経験を活かし、社会に出ても胸を張れる人間になれるよう精進して参ります。今後は立教大学体育会ラグビー部の一OB、一ファンとして、陰ながら皆さんの活躍を願っております。
また、今日も後輩達が対抗戦一部への昇格、さらには定着を目指し日々努力を重ねていると思います。今後とも立教大学体育会ラグビー部への変わらぬご支援、ご声援を賜りますようお願い申し上げます。

<副務 尾池敏志>
4年間という短い間でしたが温かいご声援、ご支援ありがとうございました。
OBの方々を始め、多くの方の支えがあり、ラグビーに対し真剣に励むことができました。
これからは日々進化を続ける立教ラグビーを楽しみにOBとして精一杯のサポートができればと考えています。
最後にこの場を借りてお世話になった方々にお礼を申し上げます。
4年間ありがとうございました。

<山中奎吾>
4年間熱いご声援、多くのご支援をいただき、誠にありがとうございました。
4年間、自分がラグビーを一生懸命取り組むことができたのは、OB、OG、保護者の方々をはじめ、本当に多くの方々に支えられているからだと、強く実感しました。最後に昇格という形で、皆様に恩返しが出来なかったのが悔やまれますが、立教大学ラグビー部で、最高の仲間とラグビーがてきて本当に良かったです。
これからはOBとして立教ラグビー部に恩返しをしていきたいと思います。
今後ともご声援、ご支援をよろしくお願い致します。

<押田空>
4年間多大なるご支援・ご声援を本当にありがとうございました。
毎日会っていたみんなと突然会わなくなって毎日寂しさを感じています。振り返ると充実の四年間でした。ただ、後輩たちに対抗戦Aグループという舞台を用意できなかったことは本当に申し訳なく思っています。その思いを忘れることなく、卒業後は一人のOBとして微力ながらも支援をしていくつもりです。今後の後輩たちの活躍を心から祈っています。

<今田裕之>
4年間を通して出逢った先輩、後輩、サポートしてくださった方々、試合をしてくださったチーム、立教ラグビー部に関わってくださった全ての人への感謝は言葉に表しきれないほどです。恵まれた環境で自由なラグビーに打ち込めたことは本当に幸せでした。だからこそ自分達の力が及ばず、1部の舞台を見せてあげられなかったのが心残りです。
既に過去になってしまった私達の4年間の価値を、立教ラグビーの歴史として踏み越えてくれるのは出来の良い後輩達に任せます。私自身のこの4年間の価値はこれからの私が決めることでしょうから、このチームで過ごした4年間を誇れるように胸を張って進みたいと思います。今は振り返って言えることがそれほど多くありませんが、これから先に立ち返る場所としてこの4年間を与えてくれた立教ラグビー部に心から感謝しています。

<吉田悠希>
4年間たくさんスクラムとモールをたくさん組んでしまいました。また、モールの練習ではサバンナに暮らす野生動物達に負けないほどの頭突きによる縄張り争いを繰り広げ、みんなで頭を抑えながら練習したのもいい思い出です。また、私にとって立教大学を卒業するということは、立教学院からの旅立ちでもあります。16年前に立教の門を叩いたことがついこの間のことのように蘇ってきます。365日半ズボンで立教通りを縦横無尽に駆け回り、悪さをしてしまったことがちょっぴり恥ずかしく思える今日この頃。しかしその姿は今も立教通りの風物詩であり、通るたびに「今年も良いのが育ってるなあ」と感じるかぎりです。立教を巣立つのは寂しいことですが、いつか自分に息子が出来たら、親鳥としてまた立教という巣に戻りたいと思います。

<荘加竜>
立教大学ラグビー部での4年間を振り返ると人との繋がりが私の大学生活を充実させてくれました。
それは一緒に闘ってきた仲間だけではなく、OB、OGの皆様や会場にお越し頂き応援して下さる方々、またスタッフの方々など沢山の方々のサポートのお陰で充実したラグビー生活が送れたと感じております。
人との繋がりはラグビーだけでなく一生続いていくものです。これからの人生でも大切にしていきます。
4年間多大なる応援、サポートありがとうございました。

<谷畑秀紀>
「人間は一生のうちに逢うべき人には必ず逢える。しかも、一瞬早すぎず、一瞬遅すぎない時に」(森信三)

<島野翔太>
1年生の当時、僕はトレーナーとして入部しました。でも先輩たちに向かって喰らい付いたり、試合をしている同期を見ているうちにいつのまにか選手になっていました。今思うとこれが僕のターニングポイントだったんだなと思います。それからは本当に怪我ばかりでまともにラグビーがでかたのは2年間くらいです。不器用でセンスのない僕ですが、後輩たちにはラグビーに向かう姿勢や闘う姿を少しは残せたのではないかと思っています。昇格できたなかったことは4年生として本当に悔やんでいますが僕たちの想いは後輩に託さざるを得なくなりました。みんなが対抗戦Aの舞台で活躍する姿を心から楽しみにしています。最後に、4年間サポートしていただいたOB、OG、保護者の方々には感謝してもしきれません。ありがとうございました。

<清水健吾>
「道を伝えて己を伝えず」ウィリアムズ主教のように、僕らがいた証ではなく、僕らのラグビーが後輩たちに受け継いでいくと信じています。応援してくださった皆様、ありがとうございました。引き続き後輩たちの応援よろしくお願い致します。

<吉澤一作>
立教大学ラグビー部に入って多くの経験をする事が出来ました。チームとして、目標は達成することは出来ませんでしたが、多くの試合に出させていただき、とても楽しく充実した4年間でした。多くの応援や様々な支援をしてくださったOB OG、また父兄の方々、ありがとうございました。後輩達には自分達が4年間果たせなかった目標を達成して欲しいと思っています。4年間で学んだことを活かして、立教大学ラグビー部のOBとして自覚を持って社会に出ても頑張りたいと思います。

<文将寿>
4年間、たくさんのご支援とご声援をありがとうございました。特に4年生となった1年間は、立教OG・OGの皆様、そして保護者の皆様の支えがあっての立教ラグビー部であると強く感じました。
「対抗戦Aグループ昇格」という目標を達成できなかった、入替戦で敗北し後輩を夢の舞台へ連れて行けなかった、この現実は引退後もひと時も離れず、今後も忘れることはないと思います。ただこんな4年生を信頼し導いてくれた、福田監督、西田HCをはじめとするスタッフの方々、そして好いて、慕って、ついてきてくれた後輩たち、彼らには感謝してもしきれません。ありがとうございました。
来年には来年のドラマがあると思います。そしてたくさん可愛がったあの後輩たちなら、きっと昇格を成し遂げると信じてます。
今後とも変わらぬご支援、ご声援をよろしくお願い致します。
私も17年間のラグビー生活を今後の糧とし、社会人生活、日々邁進して行きたいと思います。
4年生お世話になりました。

<早川亮輔>
皆さま、4年間たくさんのご声援、ご支援をいただき、ありがとうございました。どんな時も観客席でご声援を送って下さる方々、指導をしていただいたコーチの方々、補食などの支援をしていただいた方々、立教大学ラグビー部に関わっていただいた全ての方々に、この場をお借りして、感謝申し上げます。また、4年間一緒だった同期のみんな、ありがとう。
私は、試合結果に直結するSOという司令塔のポジションを任されておきながら、最終的には、立教大学ラグビー部を勝たせることができなかったことに大きな責任を感じております。「昇格」という目標は、もう後輩達に託すしかありません。ラグビーでは帝京や早稲田、慶應、そして、成蹊に負けたことは事実です。しかし、社会に出て、「立教大学ラグビー部出身はすごいねぇ」と周りに認めてもらい、結果を出すことが、1人のOBとしてできる、立教大学ラグビー部を勝たせるということだと思います。私は立教大学ラグビー部を違う形ではありますが、必ず勝たせたいと思います。そして、今までご支援いただいた分を、今度はOBとしてそれ以上に立教大学ラグビー部に還元できるよう、努めて参ります。
本当に4年間ありがとうございました。

<荒井悠也>
ラグビーを続けることができたの様々な形でサポートして下さっOBOG同期や後輩、保護者の方々、そしてグラウンドで応援して下さるファンの皆様のお陰であったと引退してから特に思うようになりました。これからは立教ラグビー部OBとして恥じない社会人になれるよう精進していき少しでも部に貢献していこうと思います。4年間ありがとうございました。

<大野木慶太>
立教大学ラグビー部で出会えたすべての人たちに感謝します。ジジイになってもつるんでいたいと思えるような人たちに出会えたことが私にとっての大学生活での全てです。4年間有難うございました。

<栗原慎治>
四年間、応援・サポートありがとうございました。四年間を振り返ってみても怪我が多く、ラグビーをできた期間は同期の中でも一番短かったですが、無事に最後までやり切れたことをうれしく思っております。
リハビリのサポートしてくださった土屋さんや椿さんをはじめとするトレーナーの方々や学生トレーナーにはこの場を借りてお礼させていただきます。
四年間本当にありがとうございました。

<福田涼介>
4年間、温かく熱い応援本当にありがとうございました。
OB・OGの皆様、保護者の皆様、立教大学ラグビー部を愛してくださっている皆様には本当に力をいただきました。それなのにも関わらず我々は皆様に昇格というご恩返しができなかったことをこの先ずっと忘れることはありません。
私が想い描いていた四年間のラグビー生活とは程遠い大学生活でした。キツく、激しく、辛いことをたくさん経験させてもらいました。この経験を糧に今後の人生にも活かし励みたいと思います。またチームも大きく成長した4年間でした。これは間違いありません。2019年、津田組も大きく成長すると思います。私たちが達成できなかった目標を必ず達成してくれると思います。今後とも立教大学ラグビー部の応援をよろしくお願いします。私たちも一緒に応援したいと思ってます!
本当に4年間ありがとうございました。

<池内那奈>
大学生活で他に多くの選択肢がある中で、四年間をラグビーという刺激的で熱いスポーツに携わるという選択は、実りの多い四年間であったと卒部を通して改めて感じます。四年間マネージャーという裏で支える立場を通して、寧ろ多くの人に支えられていることを痛感しました。現役部員、スタッフ、OB、賛助会、保護者の方々、支えてくださっている皆様に心から感謝申し上げます。本当にたくさんの人に愛されて応援されている立教大学ラグビー部の一員として四年間を過ごすことが出来たことを本当に誇りに思います。
今後はOGとして、立教大学ラグビー部を応援していきたいと思います。四年間ありがとうございました。

<河井美伊奈>
卒部した今、4年間を振り返ると、本当に様々な出来事や経験がありました。これらの経験を通して、未熟だった1年時に比べると、たくさんの学びを得ることができ、自分自身の成長となりました。素晴らしい先輩方や同期、後輩に支えられながら4年間を乗り越えることが出来ました。これからも周りの方への感謝の気持ちを忘れず、謙虚な姿勢で過ごしていきたいと思います。今後も後輩達の活躍を期待して応援していきたいと思います。ありがとうございました。

<松本菜々香>
ラグビー部で過ごした4年間は自分の人生に大きな影響を与える経験となりました。同期、先輩、後輩たちと同じ目標に向けて共に頑張る素晴らしさを経験できたことを誇りに思っています。辛いことや悩むこともありましたがこの部活に入ったことで経験できたこと、出会えた人、学べたことも沢山あり入部して良かったと心から思っています。
社会に出てからも4年間で学んだことを心に留めさらなる成長ができるよう努力していきたいと思います。
4年間多くのご声援やご支援をいただき誠にありがとうございました。今後とも立教大学ラグビー部をどうぞ宜しくお願い致します。

<渡邊麻莉子>
トレーナーのお仕事は、とっても忙しかったです。
私は忙しいと、ただ仕事をこなしただけで、充実感や達成感を感じてしまう性格のため、いかにその忙しさの中で質を高められるかを考え続ける日々でした。
たくさんの失敗や喜びも経験し、ラグビー部での活動は、私にとって本当に学びの多い4年間でした。
グラウンドに立つのはラグビー部員だけです。しかし、グラウンドの外側で、多くの方達のサポートがあるからこそ、私達がラグビーに一生懸命取り組める環境があります。
日頃から、立教大学ラグビー部を支えていただき、本当にありがとうございました。
ラグビー部での4年間を胸に、次の社会人というステージでも、探究心・向上心を忘れずに、GRITし続けたいと思います。
4年間ありがとうございました。

<木下知香>
応援してくださっていた方、4年間、多大なるご支援ありがとうございました。試合で体を張っている選手の姿を間近で見て、リハビリでひたすらトレーニングに励む選手を見て、みんなの昇格に対する熱い思いを日々感じ、私自身たくさん成長させていただくことができました。選手の常にひたむきに練習に取り組む姿勢は私のトレーナーとしての原動力となっておりました。私たちがラグビーを楽しめたのも今まで支えて下っていた方々のおかげです。この場を借りて心から御礼申し上げます。来年度もチャレンジをし続ける後輩たちに変わらぬ支援のほど、宜しくお願い致します。