本日、立教大学富士見総合グラウンドにて、第31回立教大学ラグビー祭が行われました。昨日からの雨も上がり、沢山のサポーター、父母の皆様、OBの皆様がお越し下さいました。

 中澤久人OB会長による開会の挨拶の後、新入部員vs立教OBの試合が行われ、5-45と立教大学ラグビー部を支えたOBが勝利を収めました。新入部員も大学初の試合で充分に力を発揮しました。
 試合後、入部式が執り行われ、奥本昭彦先輩より新入部員19名が紹介されました。各々立教大学ラグビー部で過ごす4年間への思いと決意を語り、正式な部員として加わりました。最後は濱野亮部長による挨拶がありました。
 続いて関東大学春季大会の第一戦目である専修大学戦が行われ、41-31で勝利、公式戦初戦を白星で飾ることが出来ました。Bチームによる春季オープン戦も行い、24-45で敗戦となりましたが、両試合で出た課題をこれからの練習で修正していきたいと思います。A・Bチーム合同のアフターマッチファンクションではレフリーからの挨拶があり、ゲームキャプテンのエール交換並びに部歌斉唱をもって閉会しました。

 ご来場いただきました皆様に深く御礼申し上げます。皆様のご声援に応えることが出来ますよう、部員一同昇格に向かって日々努力して参ります。今後とも立教大学体育会ラグビー部を宜しくお願い致します。