成蹊戦、関東学院戦を振り返っていかがでしたか

 これまでファーストジャージを貰う機会はあったのですが、A戦のスタートメンバーに選ばれたのは初めての経験だったので、やはり試合前は緊張しました。ですが、特にセットプレーで責任を求められているのを感じていたので、責任を果たさなくてはならないという使命感が上回り、試合が始まると自ずと緊張は消えました。春負けて秋勝つことはあり得ないと思っていたので、絶対に勝ち切りたい気持ちで両試合とも臨みました。
 成蹊戦も関東学院戦もセットプレーでの自分の強みを出せ、手応えを感じることができました。成蹊戦においてはスクラムも勝てていたし、勝ちラック率など数字で明確にされていた目標も達成し、結果と結びついていたので自信に繋がりました。関東学院戦はリーグ戦2部1位と対抗戦Bグループ1位という同じ立場に立つチーム同士のゲームだったので、ここで勝てたら相当な自信に繋がるなと思っていました。プレーしていてそこまで実力差は無いと体感していただけに、大差で負けてしまい本当に悔しかったです。ミスの数が多かっただけではなく、自陣でのペナルティーなど相手の得点に繋がってしまう場面でのミスやラインアウトオフサイドなど初歩的なペナルティーが目立ち、自分たちの攻撃があまり展開できなかったことが一番の敗因だと思います。ですが、課題が見つかったとポジティブに捉え、この悔しさを糧に今後の練習で克服していくのみだと思います。

新チームが発足して3か月経ちましたが、チームの雰囲気はどうですか
 

 今年度は「REMAKE」というスローガンを掲げ、立教の当たり前を刷新しようとしています。立教の軸である主体性はきちんと受け継いで、良い雰囲気の中で切磋琢磨できていると思います。学年関係なく意見を言い合っている場面で特にそう思います。4年が就職活動であまり練習に参加できない中で、北山(北山翔大・3年)や中田(中田航央・3年)など2・3年が声を出したり、チームトークで積極的に発言したりする場面が多く見られます。また、西田さん(西田創・HC)も今シーズンからフルタイムで来て頂いているおかげで、西田さんともコミュニケーションがより深くとれるようになりました。スキル面でもアドバイスを頂ける機会が増え、この3か月でも成長できた部分がたくさんありましたね。

尊敬する選手を教えてください

 同期だと、特に尊敬しているのは祐一さん(吉田祐一・4年)です。祐一さんは1年間留学に行っていたことで、元々の自分の代はもう卒業して部におらず、自分たちには分からないようなやりにくさがきっとあると思うのですが、それでもチームに戻ってきてラグビーを続けているのはなかなか出来ないことなのではないかと思います。また、体も鍛えていてチーム内で右に出る者はいないくらいの強靭なフィジカルを持っているので、その体を活かした大胆なプレースタイルは見習うばかりです。3年はひたむきに努力できる選手ばかりなので皆を尊敬していますが、特に真郁(野口真郁・3年)と律樹(秋元律樹・3年)ですね。真郁は冬OFFの時からウエイトを頑張って体づくりに励んでいて、HOとしてチームに欠かせない存在になっていくと思います。律樹は、副将が今リハビリ中で試合に出られていない分、その間リーダーシップをとってFWをまとめようとする姿があり、来年度から最高学年になるということを今から考えることができているので、覚悟が凄いと思います。2年だと麻生(麻生典宏・2年)と佐伯(佐伯周太・2年)です。麻生は以前フィールドで特に実力を発揮する選手だったのですが、今年になって更にセットプレーも安定して強くなってきたので、今後のFWを引っ張っていく存在になることは間違いないですね。同じPRとしても絶対に負けたくない存在です。また、佐伯は成蹊戦からAチームに食い込んできて、普段からジャンパーの練習も熱心に取り組みめきめきと実力をつけてきているので、今後更に伸びていく選手だと確信しています。

練習中に心がけていることはありますか。

 昨シーズンでFWを牽引していた同じポジションの照男さん(眞壁照男・平成31年卒)が卒業して、「じゃあ仕方なく海野を選ぼう」とは絶対に思われたくないというプライドを持って日頃から練習に臨んでいます。
心がけているのは、試合ごとのフォーカスを忘れないことです。試合ごとにフォーカスが決まっているのですが、毎週そのフォーカスだけを意識して練習するのではなく、前回や前々回のフォーカスも忘れずに取り組むようにしています。一つできるようになっても、一つできなくなっては全く意味がないし、なにより練習した時間をもったいないものにしてはいけないという意識で取り組んでいます。また、練習中から思ったことは伝えようと心がけていますね。同期に対して厳しい言葉を掛けることもありますが、そういうことも同期だからこそお互いを厳しい目で見て思っていることをぶつけ合うべきだと考えています。

PRというポジションについてどう考えていますか。

 ラグビーを始めた中学1年生の頃からずっとPRをやっているのですが、PRは最前列からBKにどれだけ良いボールを出せるかが問われるポジションだと思います。器用なタイプでも無いですし、だからこそ人一倍体をぶつけて、突破していかなくてはならないという役割や使命を果たしていかなくてはと思います。

ラグビーのどういう場面が好きですか。

 個人プレーで活躍する一場面というよりは、皆でボールを繋いだり、ラインアウトモールでトライラインに押し込んだりして皆でトライを取る場面ですね。ラグビーは決して一人の力で勝利を掴むスポーツではなく、15人がお互いを信頼し合ってプレーするスポーツであるので、個々がどれだけ強くても15人がまとまっていなかったらチームとして上手く機能しないという点が一番の醍醐味だと思いますね。

理想とする選手像や今後の目標を教えてください。

 監督もおっしゃっているように、社会に出て活躍できる人間になるというのが自分の最終目標です。大学生活なんてたかだか4年であって人生はそれ以降も続くので、4年間一生懸命頑張ってそれで終わりではなく、4年間で得た経験を将来活かせるように一人の人間として成長するというのは常に考えています。 また、どんな些細なきっかけだって人は成長することができるのであり、何をもって頑張るきっかけにするかは自分次第で、至る所にチャンスが転がっているのだと思っています。自分も些細な出来事も成長のきっかけと捉えると共に、ふとした瞬間に「海野が頑張っているから自分も頑張ろう」と自分自身の行動が誰かのちょっとしたきっかけになれたらなと思います。

最高学年としてのチームへの思いを教えてください。

 今のチームとしての最終目標は昇格ではありますが、昇格してからの方が大変なことがたくさんあると思っていて。昇格を果たそうとする現段階から対抗戦Aグループで戦えるような力をつけるため、スタンダードのレベルを上げることを重視すべきだと思っています。そのためにも、春シーズンは格上のチームと戦う機会が多いので、今から格上のチームと戦うことを意識させるのも自分たち4年の役目だと思いますね。自分たちが1年の頃から未だ昇格を達成することができていないので、自分たちの代は昇格への思いがとても強いです。決して昇格が終わりではなく、昇格こそがスタートという意識を全員で持って日々取り組みたいです。


  HPをご覧の皆様に一言お願いします 

 日頃から応援していただきありがとうございます。私たちラグビー部が活動できるのは皆様の支援のおかげです。その思いに応えられるよう今年は必ず昇格を果たしたいと思いますので、今後とも変わらぬご声援のほどよろしくお願いします。