ここまでの合宿をふりかえってみてどうですか。

 春シーズンから成長している部分を合宿では出すことができていると思います。手ごたえを感じる部分も多く、スクラムでは特にそれを実感していてより良いチームに近づけていると思います。特に印象に残っているのは福岡大学B戦です。楽しみながら試合をしようとゲームキャプテンと話をしていて、実際勝つこともできましたしチームの雰囲気も良くみんなが練習の成果を出すことができた試合だと思います。またこの合宿では4年生の存在感を強く感じています。就活が終わって4年生が戻ってきたのでチームに安心感がうまれたと思いますし、自分も4年生がいることで安心してプレーができています。

上級生として心がけている事はなんですか。

 
高校生の頃からリーダーシップをとるよりもできない選手と同じ視点に立ってプレー教えてあげることを大切にしていました。誰かが言った一言を10人の人が聞いていたとしても10人全員が理解できるわけではないと思うので、分からなくて困っている選手に積極的に声をかけて一緒に頑張ることがチームの中での自分の役割だと思っています。プレーでも後輩を引っ張っていきたいという思いはあり、体を張ったプレーで後輩に勇気を与えられる選手となりたいと思います。上級生となった今年は特にそれを感じているので下級生をサポートしながら背中でも引っ張れる先輩になれるよう心がけています。

ラグビーに必要な信頼関係はどのように築いていますか。

 出身高校はラグビーが強いわけでもなく、皆のように全国のつながりもなかったので最初は本当に友達がいなかったです。人見知りしてしまう方なのでなかなかコミュニケーションをとるのが難しかったのですが試合に出ることがきっかけで自分のことを知ってもらえるようになると話ができる人も増えていきました。なかなか自分から話すことは得意ではないのでラグビー中のコミュニケーションや試合に出て自分を知ってもらい信頼関係を築いてきました。今では同期、先輩、後輩ともとても仲良くしています。

ラグビーを始めたきっかけを教えてください。

 
中学まではハンドボール部だったのですが進学した高校にハンドボール部がなく、たまたま見学にいったラグビー部が楽しそうで入部しました。新しいスポーツに挑戦したいという思いも少しありましたし入部したらスイッチが入ってしまいそのまま続けました。今は自分らしさを一番出せるのはラグビーをしている時だと思うのでその時の選択に後悔はしていません。また高校時代の顧問の先生にラグビーを続けた方がいいと言われその一言がきっかけで大学でも続けることに決めました。春シーズンの成蹊戦では高校の先輩と戦うことができ、さらにその試合に顧問の先生が来てくれました。高校の先輩と戦うことと顧問の先生に自分の成長した姿を見てもらうことが大学ラグビーを続けるモチベーションでもあったのでそれを達成できてさらにラグビーを続けていてよかったなと思いました。

ラグビーを通じて得たものはなんですか 。

 人との繋がりですね。高校時代のラグビー部の友達は今でもすごく仲が良いです。ラグビーは楽しいこともありますが辛いことも多く、それを共に乗り越えてきた仲間は一生の仲間であると思っています。特にラグビーは人数も多いのでいろいろな人とその繫がりを持つことができ、そこが良いところでもあると思います。

今の自分に必要なことはなんですか。

 高校生のときからの課題なのですが、デイフェンスは好きですがアタックが得意ではないのでアタックをより伸ばしていきたいと思っています。いろんな人からアドバイスを受けていますが今はまだ模索しています。デイフェンスだけでなくアタックでもチームに貢献することができればもっと上のチームにも行けると思うのでしっかりと向き合いたいと思います。そのためにもFLに求められる運動量は落とさずに、いろいろな人のアタックのサポートをして学んでいきたいと思います。


期待する選手はいますか 。

同期だと津田(津田祥平・3年)と達也(下山達也・3年)ですね。1年生の時に一緒のポジションで、彼らの方が試合に出る機会が多かったので自分に足りない部分は何かを彼らのプレーから学びました。それが今の自分の力にもなっているのでこれからも一緒に頑張っていきたいと思っています。後輩だとねえさん(坂口朋生・2年)とほせ(小関智大・1年)です。2人と同じように最初は自分も体が細くて、小さい方でした。しかしそこから頑張ればインパクトのあるプレーもできるようになりました。2人にも体の細さを感じさせないようなプレーをしてほしいと思いますし、自分も負けないように頑張りたいと思います。


   秋のシーズンへの目標を教えてください。

 最低限ジュニア選手権には関わりたいと思っています。1年生、2年生と試合に出場したので今年も出たいと思っています。また春の試合ではAチームで出場させてもらう機会もあったので秋も対抗戦にAチームとして出場できたらいいです。もしできなかったとしても先輩として後輩たちを引っ張っていけるような存在になれるよう成長したいと思います。チームの成長に関われるような選手になるため自分とチームの課題にしっかり向き合い秋シーズンプレーしていきたいと思います。


HPをご覧の皆様に一言お願いします。

 いつも応援していただきありがとうございます。 菅平の方にも多くの方々が応援しに来てくださり、選手の力になっています。 今年こそ「昇格」という目標を達成し、最後は皆が笑顔で終われたら良いなと思っています。これからも変わらぬご声援、サポートの方よろしくお願いします。