先日の山梨学院大学戦の感想を教えて下さい。

 結果的に大差で負けてしまいましたが、個々のアタックで前に出ることが出来ていたように思います。ただ、度重なるミスとブレイクダウンの部分が相手よりも劣っており、何度もターンオーバーされてしまいました。FWの反省点としては、平間(平間大貴・3年)のキックでモールのチャンスが広がったのに、トライを取りきることが出来ず、ここで得点出来ていればもっと良い試合になったように感じています。個人的には、これが今年度Aチームに上がるラストチャンスだと思って気合いを入れて試合に臨んだのですが、思うような活躍が出来ませんでした。

ラグビーを始めたきっかけを教えて下さい。

 ラグビーを始めたのは小学校に入学した時で、ラグビー好きな父親にラグビースクールに連れて行ってもらったのがきっかけです。当時僕はサッカーがしたかったので、泣きながら嫌々練習に通っていましたが、気が付けば僕が唯一続けているものになっていましたね。花園への憧れから函館ラ・サール高等学校へ進学を決め、本格的にラグビーに打ち込むようになりました。高校3年生の時花園出場という目標を達成し、ラグビーはここで終わりにしようと考えたのですが、昨年卒業した小島さん(小島健太朗・立教OB)ややまし(山下太靖・3年)に背中を押され、ラグビーを続けた方が人生楽しくなると思い体育会ラグビー部への入部を決意しました。僕は普段から盛り上がるようなタイプではないのですが、唯一ラグビーをしている時は熱くなることが出来ます。実際に相手と体をぶつけ合い本気になれるという部分があるからこそ、痛い思いもするけれどラグビーに惹かれたのだと思います。

自分の強みと弱みはそれぞれ何だと思いますか。


 強みは、低いタックルです。僕は体格が大きい方ではないので強い相手に対して低く相手に刺さるようなタックルを心がけています。元々はタックルが苦手で、中学生の時にひたすら練習していました。中学校を卒業する頃には手応えを感じ始め、今では武器になっていると思います。弱みは、スタミナです。大学に入り体重を増やした後、特に走れなくなりました。一試合通して出場した時、80分間全力で戦えているとは言い切れないと感じ、スタミナをつけることが自分の大きな課題だと思います。

尊敬する選手について教えて下さい。

 一作さん(吉澤一作・4年)と清水さん(清水健吾・4年)です。一作さんは、FWが必要な全てのスキルのレベルが高く、見習うべき点が沢山あります。また、試合中も常に周りを鼓舞していて、バックローとしてとても尊敬しています。清水さんも試合中みんなを盛り上げてくれますし、一番熱く試合に臨んでいると思います。ラグビーが好きという気持ちが伝わってきて、本当に尊敬しています。同期では、健二郎(玉川健二郎・3年)です。健二郎は私生活の部分でやるべきことをきちんとやっているという印象があります。また試合中一番周りとコミュニケーションをとっているのも健二郎だと思います。基礎を大切にしている点や試合中の様子から刺激をもらうことが多いです。

期待している選手について教えて下さい。

 惣史(鈴木惣史・1年)、恭也(金子恭也・1年)、あとは高校の後輩でもある村田(村田裕太・1年)ですね。惣史は積極的に質問をしに来るなど真面目にラグビーに取り組んでいて、セットプレーも上手いと思います。恭也も真面目で、試合中の体を張ったプレーが印象的です。村田は高校の時に比べて体格が良くなり、プレーも力強いです。この三人はこれからAチームを担う選手だと思います。同期では、下根(下根光博・3年)と津田(津田祥平・3年)です。下根は一緒にプレーをする中で、器用な選手だと感じています。ラグビーに関しての知識量が多く指示も的確で、これからも一緒に頑張っていきたいと思います。津田は、2年生の時にFLからWTBへポジション転向し、自分から厳しい道へ飛び込んだにも関わらず、Aチームで活躍したりマンオブザマッチに選ばれたりもしていて、純粋にすごいと思います。また食生活などにも気を使っていて、ラグビーに対する思いが強いと感じます。これからも上のチームで活躍して欲しいと思っています。後は、力哉(岡本力哉・2年)は試合前にゲームプランをしっかり組み立てていて尊敬していますし、プレーしやすいような的確な指示をくれます。力哉もAチームで活躍して、他のSOの選手を脅かす存在にきっとなってくれると思います。

今年度の立教ラグビー部はどんなチームですか。

 今年度の立教ラグビー部は、BチームやCチームにいる4年生が盛り上げてくれて、雰囲気が良いと感じています。学年関係なく仲が良くて、みんなが居心地良くチームに所属出来ることは立教ラグビー部の良さであると思います。しかし上級生として、空気が緩んでしまわないよう気を付けています。またラグビー面に関しては、西田さん(西田創ヘッドコーチ)が求めているラグビーをみんなが深いレベルで理解し始めているように感じ、立教のラグビーが年々確立してきていると思います。

昇格に向けての想いを聞かせて下さい。

 僕達3年生はまだ対抗戦Aグループで戦うという経験がないため、その分対抗戦Aグループでプレーしたいという強い想いを全員が持っています。その目標を叶えられるのは今年で最後なので、3年生は特に気合いが入っています。個人的には、入替戦のメンバー23人の中に入って、グラウンドで昇格の瞬間を迎えたいと思います。また、本当にお世話になった4年生が引退してしまうのがとても寂しいです。昇格に向けて頑張るのと同時に、大好きな4年生を笑って送り出す為に残りの2か月を過ごしたいと思っています。来年僕達がチームの雰囲気を作る立場になった時に、4年生の姿を見習って後輩に接するようにしたいです。

最後に、HPをご覧の皆さんに一言お願いします。

 いつも熱いご声援ありがとうございます。皆様のサポートのおかげで僕たちは毎日ラグビーに取り組む事が出来ています。来年は対抗戦Aグループで立教が戦う姿をお見せ出来るように部員全員で頑張って参りますので、応援宜しくお願いします。