今シーズンも残すは1ヶ月ですが、振り返ってみてどんな4年間でしたか。

 1・2年の頃は怪我が多くて、約1年間のリハビリを終えてやっとの思いで復帰した試合でまた肘を怪我してしまい、ラグビーをまともに始めることができたのは3年の夏でした。リハビリ期間が長くラグビーをしている時間が短かったので、振り返ってみると正直やりきったとは言えない4年間でした。完全復帰した後はやっとラグビーができるという嬉しさもありましたが、自分のポジションには同期や後輩が選ばれていて公式戦には出場することができず悔しい思いもたくさんしました。ですが、怪我を乗り越えてラグビーに打ち込めている今が一番充実していますね。リハビリ期間中にウエイトを頑張って、体重を約10kg増やし体格を大きくした成果が今に活きているのかなと実感すると共に、ウエイトについて質問してくれる選手も多く、あの時腐らずにウエイトに取り組んで本当に良かったと思います。

一番印象に残っている試合はありますか。

 今年の夏合宿の大阪体育大学B戦です。自分がゲームキャプテンを務めた中で初めて勝った試合というのが大きい理由ですね。夏合宿の北海道大学戦でいつも以上に声を出して身体を張ったのが認められて、それ以降キャプテンを任せてもらえるようになったのではないかと思っているのですが、自分がキャプテンを務めた試合は高麗大学戦まで全て負けてしまい、責任を痛感しました。ですが、最終戦の大阪体育大学B戦ではチームの皆で一丸となって戦い抜き、大差をつけて勝利することができたので思い出深いです。チームとしては勝利を収めることができましたが、自分自身は皆より良いパフォーマンスができたとは言えず力を出し切ることができなかったので、悔しかったというのも印象に残っている理由です。

では、キャプテンを務めている心境を教えてください。

 B・Cチームには下級生が多いのですが、今の段階で下級生が自分のプレーをどれだけ出せるか、どれだけのびのびやれるかはキャプテンである自分の責任であり役割だと思っています。先陣を切って体を張り、Aチームに食ってかかるようなプレーを自分が真っ先にしなくてはいけないという責任感が大きいです。4年の初めの頃はまだ自分自身に精一杯になってしまっていたのですが、キャプテンをやるようになってから周りがどんなプレーをしているか目を配るようになったことで、更に次どんなプレーをするべきか考えたり次のプレーの予測もできるようになり、後輩によりアドバイスできるようになって自分自身が一皮剥けたと実感しています。キャプテンを務めている中で、一番嬉しかったことは夏合宿でMVP賞をもらったことです。勝てた試合は少なかったですが、自分のやってきたことが認められてチームに少しは良い影響を与えることができたと感じ本当に自信になりました。選ばれたのは僕でしたが、BチームはAチームのポジション争いに食い込もうと野心を持ってラグビーに取り組んでいるやつらばかりで、そういった心意気で試合でも躍動してくれたので、自分ひとりで獲ったものではなくBチームのみんなで獲ったMVP賞だと思っています。

自身のセールスポイントを教えてください。

 プレー面では、走って声を出して体を張ることですね。器用なタイプではないので、誰にでもできることを人一倍頑張るようにしています。もう一つは、チームにエナジーを与えることです。良いプレーがあったらしっかり反応して雰囲気を盛り上げようとして、反対にミスが起こったらどう改善して次に繋げていくかその時に伝えるように心掛けています。

なぜラグビーを始めましたか。

 始めたのは中学1年の時ですね。自分は立教新座中学校・高校出身なのですが、ラグビー部の勧誘に圧倒されなんとなく入部しました。部員数は多くなかったのですが、だからこそ先輩や後輩とラグビーを通じて濃く繋がり合うことができました。ラグビーは好きで大学でも携わりたい気持ちはあったのですが、練習は本当に嫌だったので、最初はトレーナーとして入部を決めました。2週間くらいはアイシング用の氷を作ったりトレーナーの仕事をしていたのですが、選手が練習をしているのを間近で見ていたらやはりもう一度ラグビーをやりたくなってしまって。中学や高校の頃からラグビーを一緒に続けてきた仲間たちともう一度本気でラグビーをしたいという思いも芽生え、当時のキャプテンや監督などにわがままを言って選手として再入部させてもらいました。大学で再びラグビーを始めて変化と言えば、色々な人とラグビーできるようになったことですね。中学から見知ったやつと6年間ずっとラグビーをしてきたので、強豪校出身の人たちと同じチームでプレーするという経験がなく新鮮だったのを覚えています。一緒にプレーする中で勉強になっただけではなく、強豪校出身の人たちにも負けない部分も見つけることができ自信に繋がっていきました。

同期について教えてください。

 僕らの代は、プレースタイルも私生活も個性的な人ばかりです。入部した時から突出したスター選手はいないと言われていたのですが、下級生の時からAチームで出場していた選手が多く、対抗戦Aグループで負け続けて降格してしまった悔しさや対抗戦Bグループに残留してしまった悔しさを、身をもって知っている選手が多く昇格に懸ける気持ちが強い代だと思います。普段はうるさくてふざけている人が多いのですが、ラグビーのことになると熱く、プライドを持ってやっている人が多く、皆なんだかんだラグビーが好きなのだなと感じます。そんな大好きな同期と毎日練習できている今がとても嬉しく、楽しいです。同期のバックローたちには皆から刺激をもらっているのですが、特に清水さん(清水健吾・4年)は自分にとって憧れですね。留学していたので中学と高校の時は先輩だったのですが、中学の時はキャプテンも務めていて、チーム内で一番身体能力が高い選手だと思っています。今も同じポジションとして変わらず見習うべきところが多く、尊敬しつつも負けていられないなと思う良きライバルです。また、大野木(大野木慶太・4年)は中学から一緒にずっとやってきた仲間で、同じチームメイトとしてプレーするのは今年でもう10年目になりますね。大野木はラグビーセンスに溢れていて、今年は怪我が多く試合になかなか出られていませんが、後輩にアドバイスしている様子をよく見かけ、面倒見の良さではチーム一だと思います。一番の戦友である大野木と、また一緒に試合に出たいですね。

期待している後輩はいますか。 

 バックローの後輩には全員期待しているのですが、特に亀井(亀井駿・2年)ですね。亀井はスペースにアタックするのがチームで一番上手いプレーヤーだと思います。ジャッカルも上手いし、体が大きくないのに体をぶつけて前に出るのが好きなファイターで、これからの立教のFWを担う選手になると思っています。また、亀井は自分のプレーについてよく質問をしてくるなという印象がありますね。自分のプレーを振り返って実直に向き合うことができるので、後輩ですが尊敬しています。1年生の時に比べるとかなり成長しているので、今後の伸びしろに期待しています。BKでは、航央(中田航央・2年)です。航央は立教の中でもずば抜けて恵まれた大きい体格を持っていて、体も強ければ足も速い上に、ラグビーのことをよく知っているなと思う場面がとても多いですね。裏のスペースもよく見ているし、FWに対して的確な指示をくれるので、怪我を少なくすればこれからの立教に欠かせないプレーヤーになると思います。ウエイトを一人で地道に頑張っている姿もよく見ていたので、航央が夏合宿でBK賞に選ばれた時は納得したし素直に嬉しかったですね。

 後輩へのメッセージはありますか。

 とにかくウエイトを頑張ってほしいです。今年の入替戦で昇格して、それから体づくりを始めていては遅いので、今のうちから対抗戦Aグループで戦っていく将来を見据えて準備をしていかなくてはいけないと思います。当たり前ですが日々のトレーニングの積み重ねが体を大きくするので、ウエイトは絶えず頑張ってほしいです。


入替戦前の心境を教えてください。

 ラグビーに本気で取り組めるのもあと1ヶ月となり、少し寂しさを感じている自分もいますが、入替戦の勝敗に関する不安は全くないので、当日が今から楽しみです。絶対に勝つと確信しているので。三度目の正直ではありませんが、これまでの対抗戦Bグループにいた2年間よりも今年が一番準備してきたと言い切ることができるし、今年1年で負け試合も多かったからこそチームの現状に満足しないで常に高いクオリティーを貪欲に追い求め続けることができたという自信があり、残り1ヶ月でもまだまだ成長する余地があると思います。B・Cチームとしては、残り1ヶ月間Aチームにどれだけプレッシャーをかけることができるかだと思います。西田さん(西田創・HC)にもずっと言われていることなのですが、B・Cチームが強くならなければAチームが強くなることは絶対に無いということです。B・Cチームが普段の練習からAチームのポジションを奪ってやるという心意気で練習に臨み、成蹊や青学以上のプレッシャーをかけ続けることで入替戦でのプレッシャーに打ち勝つことに繋がると思っているので、それが自分たちの使命ですね。やはり対抗戦Aグループと対抗戦Bグループは何もかもが違います。敵も強いですがその分多くの方が応援に来てくれるし、学校のグラウンドとは比べ物にならないほど大きな華やかな舞台でプレーすることができて選手の高揚感も桁違いだと思います。だから、大好きな後輩たちに華やかな舞台でプレーしてもらいたいという思いが一番強いです。また、選手だけじゃなくてお世話になったスタッフの方々にも恩を返すために昇格し、僕たちが来年からの対抗戦Aグループという最高の舞台を用意したいです。


 HPをご覧の皆様へ一言お願いします。

 いつもご声援、ご支援いただきありがとうございます。応援してくださる皆様への恩返しは昇格しかないと思っているので、残り1ヶ月部員一同全力で取り組みます。