菅平合宿も中盤を迎えましたが、振り返っていかがですか。

 初戦だった福岡大学戦では、自分はあまり体が大きくないので相手をずらしてゲインをする事を目標として臨みました。試合では1次合宿でやってきたことを実践できた部分もあったし、まだ習得しきれていない課題も見つかりました。関西学院大学戦では、相手の個々のフィジカルに負けてしまった部分があったので、技術面というよりは体を大きくしなくてはいけないなと痛感させられた試合でした。
自分自身のことについては、いろんな人とコミュニケーションを取るようにしています。元々あまり先輩としゃべる方ではなかったのですが、菅平にきて話すようになって更にチームに馴染めてきたかなと感じています。

ラグビーを始めたきっかけを教えてください。

 
小学校の頃、太っていて、中学校に上がるときにラグビーが好きだった小学校の担任の先生に「ラグビーをやれ。始めなかったら一生口きかない」と言われて渋々入部したのが始まりです。野球部に入りたかったのですが、本当にラグビー部に入るまで口をきいてもらえなかったので仕方なく始めました。でも、気付いたら大学まで続けていました。大きな怪我も何度かありましたが、なんだかんだラグビーは好きなのだと思います。ラグビーは色んな攻め方があるから好きです。サッカーだったら足だけだし、野球だったら手しか使えないのが、ラグビーはキックも出来るし、自分で攻めることも出来るので色んな選択肢がある中で、自ら考えて出来るので素が出せるスポーツだと思います。

大学ラグビーを始めてから成長したことはなんですか。

ラグビーに対する取り組み方です。高校の時は人数が少なかったので、練習をこなせば試合に出場できていましたが、大学では人数が増え、ポジション争いも熾烈になっていて競争心や頑張らなきゃいけないという気持ちが強くなりました。自主練習の時間を増やしたり、先輩に自分のプレーについて聞いたりして修正点を見つけるなど、ラグビーに向き合う時間が増えたと思います。

立教大学の雰囲気や、同期について教えてください。

 
立教大学を選んだ経緯は、観光の勉強がしたかったので選びました。どちらかというとラグビーではなくて勉強目的でした。でもラグビー部に入って、チームの雰囲気は先輩と後輩の仲が良いとか、接しやすい先輩が多いところは成城と似ているところが多くて少し安心しました。あとは、クラブハウスの中とグラウンドでのスイッチの切り替えがうまい先輩が多いです。
こんなに同期がたくさんいる環境が初めてだったので、困惑する部分もありましたが、今では楽しいです。ラグビーのことになると更に一体感が出ていると思います。みんな真面目です。

自分の強みは何ですか。

 周りに比べると体格が大きいわけではないですが、体を張ってプレーするところだと思います。あとは器用だとよく言われます。どんな状況においても、必要とされているプレーは平均的に出来るようにしようと努力はしています。

尊敬する人はいますか。

 一作さん(吉澤一作・4年)と清水さん(清水健吾・4年)です。自分はよくこの二人を足して2で割ったプレーをすると言われるので、よくプレー面で参考にさせてもらっています。一作さんは相手のタックルをいなすのが上手なのでそこを学んで、清水さんからは相手のスペースにスピーディーに入っていくところを学びたいです。将来的にはこの二人を超えられるような選手になりたいです。

  今後の目標を教えてください。

 Aチームでプレーをする事です。ただAでプレーするだけではなくて、先輩達に迷惑をかけないようにまず身体づくりとスキルを身に付けて、少しでも多く信頼される選手になることです。そして入替戦に出たいです。1年間一緒に練習してきた4年生たちと試合が出来る最後の機会なので、一緒に戦って勝利して恩返しがしたいです。


HPをご覧の皆様に一言お願いします。

いつも応援ありがとうございます。今年の立教大学は強いので、絶対に昇格します。期待していてください。