今シーズンの春季大会、定期戦を全てスタメン出場していますが、どんな心境でしたか。

 自分はあまりAチームでプレーをした経験がなかったので、とにかくがむしゃらにプレーすることだけを考えて臨みました。対戦相手は強豪ばかりだったのですが、その中で自分のプレーで通用する部分と通用しない部分が明確になったことが春シーズンの収穫でした。中でも特に印象に残っている試合は、専修戦と明治戦ですね。専修戦は今シーズン最初の公式戦で自分の力を試す機会であった上に、初めてAチームのスタメンに選ばれたので、普段あまり緊張しないのですが、自分のミスがチームの勝敗に深く影響するというプレッシャーをいつも以上に感じ、とても緊張したという点で記憶に残っています。明治との定期戦は、小さい頃から明治の試合をよく見ていて憧れのチームだったので、特別な思いで臨みました。実際に試合をしてみると、日本一を目指すチームのプレーの質や選手の集中力の高さを目の当たりにしてとても刺激を受けました。ずば抜けて良いプレーができた訳ではなかったのですが、とにかく全力でタックルに入り続けたことが認められてMOMにも選んでもらえたと思っています。

ラグビーを始めた経緯を教えてください。

 元々は母親がラグビー好きだったのがきっかけです。小学校1年生から始めて、小学校4年生までラグビーと同時にサッカーもやっていたのですが、「欲しいものを買ってあげる代わりに、交換条件としてラグビー観戦について来なさい」とよく言われていて初めは軽い気持ちで行っていましたが、最終的にはラグビーを選びそれから今までラグビーを続けています。
物心ついた頃から続けているのでラグビーのない生活を味わったことがなくて、これまでの人生も不思議なくらいラグビーに関することだけ覚えています。振り返ってみてもラグビーをやっていない自分は自分じゃないなと思うくらい、ラグビー漬けの人生ですね。辛いことも多いし、この15年間で何回もやめようと思いましたが、今までラグビーをしていたからこそできた経験が今の自分の軸になっていると感じます。また、このラグビー人生を過ごしてきた中で、自分でも運が良いと思うくらい良い仲間に恵まれていて、ラグビーをやっていなかったら今頃出会っていなかったかもしれないと思うと、続けていて良かったと実感しますね。

自身のセールスポイントは何ですか。

 メンタルの強さです。周りの雰囲気を悪くしないためにも、ミスをしてもあまり落ち込みすぎず、負のオーラは出さないように心がけています。反省するところはして、次に繋げようと切り替えを大事にしています。プレー面で言うと、空いたスペースに走りこむのは得意ですね。あとは人がどんなプレーをしているかをよく見て、盗めるところは盗もうとするというのは高校の時から常に意識しています。

今後どんな選手になっていきたいですか。

 チームの中で信頼される選手になるのが目標です。「あいつのパスは安心して見ていられる」「あいつはいつも体張ってるな」などと言ってもらえるような選手になれば、自ずと信頼してもらえるのではないかと考えています。またパス能力の向上や、スペースの認識能力、視野を広く持って周りを活かすプレーがCTBである今の自分に必要とされているスキルだと思っているので、このようなプレーの質を高めていくことが今後の課題です。

今のチームの雰囲気を教えてください 。

 どの学年も明るくてポジティブな人が多いので、練習中も雰囲気が悪くなることはないですね。ですが、緩い雰囲気になってしまう面と隣り合わせにあるとも思うので、そうならないようにお互いに指摘しあうということが今のチームに一番大事な要素だと思います。

3年生になって心境の変化はありますか。

 去年までは先輩たちに必死で追いつかなくてはという気持ちが強かったのですが、上級生としてもっと自分が引っ張っていかないといけない立場になったということで責任感が強くなり、去年までとは全く違う気持ちでラグビーに取り組んでいます。

期待する後輩はいますか 。

 自分と同じCTBである小関(小関智大・1年)とおっちー(落合凌平・1年)です。小関は良い意味で馬鹿というか、怖いもの知らずで敵に怖気づかずにアタックもディフェンスもやっているなという印象が強いです。本当にあり得ない速さで攻め込んだりするんです。おっちーはパスも上手ければキックも上手くて、日々刺激を受けていますね。2人の周りを刺激するような熱いプレーを見ていると、自分も負けてはいられないなって正直焦ります。今後もチームに新しい風をもたらしてくれる存在として期待しています。

  尊敬する選手はいますか 。

 尾池さん(尾池敏志・4年)、押田さん(押田空・4年)、荒井さん(荒井悠也・4年)です。チームの雰囲気を明るく保ってくれるムードメーカーの先輩方ですが、3人とも何といってもラグビーの知識量がとても多いです。普段の練習でもすごく考えて取り組んでいて、本当に尊敬しています。同期では床田(床田聖悟・3年)と大晃(藤原大晃・3年)です。プレーでも見習うべき点は多々あるのですが、2人はとにかくONとOFFの切り替えが上手いです。普段はふざけているのに、ラグビーをしている時はスイッチのように目の色が変わるんです。でも練習が終わったらまたふざけていて。ラグビーに真剣に取り組んでいるのが伝わるし、同期ながらもその集中力の高さには驚いています。


  HPをご覧の皆様に一言お願いします

 いつも熱い声援、サポートありがとうございます。また遠方の会場にも多くの方々が応援しに来て下さり、選手一同感謝しています。今年こそは昇格して皆様に恩返しできたらと思いますので、今後もサポートを宜しくお願いします。