ラグビーを始めたきっかけを教えてください。

 小学校1年生の時に地元にスクールが出来、その影響で親に勧められたことと兄が始めると言ったことがきっかけでラグビーを始めました。中学生になってからもラグビーを続けようと思ったのも兄の影響が大きいです。なので中学受験ではラグビー部がある学校しか受験しませんでした。大学で続けることを決めた理由は、高校の同級生でラグビーを続ける人が多かったということと、高校の先輩が立教の上のチームで活躍しているということでした。大学入学前は強豪校と戦ったことがなかったので、大学では高いレベルのチームと対戦できるということも続けるきっかけとなりました。

自分にとってのラグビーの存在はどのようなものですか。

 ラグビーは小学生の頃に始め、中学生からは毎日プレーするようになり、大学生になってからはオフの日さえも富士見グラウンドに行っていることも多いため、今のところは自分の日常のようなものです。卒業したらラグビーからは離れて、日常ではなくなってしまいますが、機会があれば関わっていきたいと思っています。また、ラグビーは人との繋がりを作ってくれるものだと思っているので、社会人になってからもラグビーで出来た繋がりを大切にしたいです。

今年のチームの雰囲気はどうですか。

 去年と比較すると規律の面でより厳しくなっていて、部全体が引き締まっていると思います。また、今年のチームは下級生が活躍していることもとても多いですが、4年生が就活でいなかった時などに部が静かに感じることが多く、このチームでは4年生が部を盛り上げている存在なのだと改めて実感しました。今の3年生から下の学年は対抗戦Aグループを経験しておらず、今年昇格しないと今の3年生が対抗戦Aグループを経験しないまま大学ラグビーを終えることになってしまうということもあって、自分たちがやらなくてはいけない、昇格させなければいけないという強い思いが今年のスローガンである”WE WILL“に込められていると思います。

最高学年として気を付けていることを教えてください。

 上級生が下級生にきついことを言うことは時には大切なことですが、きついことばかり言われると反抗したくなると思うので、そのあとにしっかりとフォローするように心がけています。春のシーズンでBチームのゲームキャプテンをしてみて、一番考えていたのは、下級生、特に1年生に委縮してほしくない、ということです。緊張はいいことですが、緊張が原因で自分のパフォーマンスを発揮できなければ、アピールをすることが出来なくなるのでのびのびプレーしてほしいと感じていました。BチームはAチームよりも、下を育てるために、ミスをある程度は許せる環境であるべきだと思っています。プレーが上手くいかないと選手もフラストレーションが溜まってしまいますが、だからといってチーム内で喧嘩しても悪循環になるだけなので、良い雰囲気づくりを心掛けていました。

4年間で印象に残った試合は何ですか。

 自分が出場した試合では、1年生の時の山梨学院大学戦が印象的です。その試合が良ければ次のスコッドに入ることが出来ると当時のヘッドコーチに言われていたのですが、その試合は良いプレーが出来ず、悔しい思いをしました。夏合宿頃からヘッドコーチに少しずつ見てもらえるようになり、ジュニアの2試合目の立正大学戦、ジュニア選手権の最終戦の山梨学院大学戦でスタメンで使ってもらうことが出来ました。しかし緊張して自分のプレーが出来ず、勝てそうだった試合だったのですが自分が迷惑をかけてしまい、負けてしまいました。自分が出場していない試合では、2年生の時の入替戦が印象に残っています。ラストワンプレーで逆転されて、昇格出来なかったので悔しい思いをしたのを覚えています。1つ上や2つ上の学年の先輩には有名な選手もいて、さらに1年生の頃から活躍している選手も多く、強いと言われていた世代であったにも関わらず、成し遂げられなかったことで昇格の高い壁を感じました。また1個上の先輩とは仲が良かったということもあり、その先輩たちが、最後に目標を達成できなかったということも辛かったです。


立教大学ラグビー部の魅力はどんなところですか。

 いろいろな人がいるということです。一人暮らしの人もいれば実家暮らしの人もいて、強豪校出身で全国で優勝したことがある人もいれば県外に出たことがない人もいる、というのが立教ならではであり、立教の強みだと思います。実際に押田(押田空・4年)も公立高校出身で、現在Aチームで出場しているので、そういった意味で全員に可能性があるのが立教大学ラグビー部の魅力なのだと感じます。高校時代は全く違う環境でラグビーをしていて、絶対に交わることのなかったような人たちが同じグラウンドで味方としてプレーしているという環境があるというのが、自分の立教の好きなところです。真面目な人が多く、練習後にウエイトを率先してする人や、体が大きくないからこそ基本に忠実でいる人が多くいて、派手なプレーは少ないけれど、しっかり全員で繋いでいくというプレースタイルも魅力の一つだと思います。


期待する後輩はいますか 。

 基本的にCTBの後輩には期待しています。みんな同じような選手ではなく、それぞれに個性があるので、個性を伸ばしていって欲しいです。別のポジションで期待しているのは力哉(岡本力哉・2年)です。真面目でプレーのことをよく考えていて、周りが見えている選手であり、パスやゲームコントロールもうまくなったと思います。今Aチームでプレーしている真優(三村真優・1年)とは違うタイプのSOですが、いずれは真優を脅かす存在になってくれると期待しています。


  対抗戦に向けての意気込みや目標を教えてください。

 目標は昇格です。なにがあっても昇格しなければらないと思っています。そのためなら残りの時間はどんなことがあろうとも頑張っていけると思います。最後には4年生のCTB3人が一緒にAチームに入って試合がしたいです。力哉も一緒に入れたらよりうれしいですね。


HPをご覧の皆様に一言お願いします

 いつも応援ありがとうございます。これからシーズンが始まりますが、今年は絶対に昇格するので期待して、変わらず応援して頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。