ホーム > ロッカールーム > 練習風景:6月17日(日)

  • 2018年6月17日(日)
  • 練習風景

 

立教大学 VS 明治学院大学

1試合目

明治学院大学へボンフィールド 15:45 KO


立教 19−7 明治学院

 

立教大学
 

 

明治学院大学

T
G
P
PG
 
T
G
P
PG
3
2
3
0
1
1
0
0

 



  接戦を強いられたA戦を受け、圧倒的な差で勝利しようと臨むB戦1本目は立教のキックオフで開始された。先にリードをし、流れに乗りたい両者のプライドがぶつかり合い、一進一退の攻防が続く。試合が動いたのは開始11分。敵陣ゴール前でのマイボールラインアウトからPR海野雄大(3年・本郷)が押し込み左中間にトライ。CTB落合凌平(1年・東京農大第二)もゴールを成功させスコアを7-0とする。更なる得点を狙う立教はNO.8山本開斗(1年・桐蔭学園)の鋭いタックルが光る場面などがあるものの、明治学院の重厚なタックルとスペースへの力強い走り込みで、立教の行く手を阻む。またラインアウトなどの連続するミスによりせっかくのチャンスをものにできず、自陣まで徐々に下げられていく。思うように流れを引き寄せることができない中20分、自陣ゴール前での相手ボールスクラムからトライを献上。ゴールも決まり、同点に追いつかれる。流れを変えたい立教はBKでテンポ良くボールを繋ぎ加点を試みる。開始21分、齋藤広騎(2年・東京農大第二)が前進、パスを受け取った落合凌平が右サイドを駆け抜けスコアを12-7とする。試合時間も残りわずかとなった30分。点差を広げたい立教に敵陣ゴール前でのマイボールスクラムという好機が訪れる。必ず決めなくてはならないという緊張感が漂う中、冷静な判断でボールを持ち出した山本開斗のトライにより、19-7で1本目を締めくくった。

 

立教大学 VS 明治学院大学

2試合目


立教 12−14 明治学院

 

立教大学
 

 

明治学院大学

T
G
P
PG
 
T
G
P
PG
2
1
7
0
2
2
5
0

 

2本目は明治学院のキックオフで始まった。試合開始早々、敵陣10メートル左ラインアウトからモールを形成し、じわじわとゴールラインへと近づいて行く。明治学院のペナルティを誘った立教は着実にボールを運んでいき、LO坂口朋生(2年・立教新座)が相手の隙をつき、ゴールラインに飛び込んだ。好調なスタートを切り、勢いに乗りたい立教であったが、度重なるペナルティと明治学院の猛攻によりトライを献上する。そして試合開始15分、敵陣22メートルスクラムのチャンスを得る。頑強なスクラムで明治学院を圧倒し、ゴール前まで攻め入ると、CTB盒興找陝3年・横須賀)からパスを受けたFL中野晴仁(3年・城南)が俊足でトライを奪う。その後は、互いにペナルティを重ね、何度もラインアウトのチャンスを得るもキャッチに失敗、得点に繋げることが出来ない。立教の粘り強いディフェンスも敵わずトライを奪われ、スコア31-21で2本目は終了した。

 

立教大学 VS 明治学院大学

3試合目


立教 7−14 明治学院

 

立教大学
 

 

明治学院大学

T
G
P
PG
 
T
G
P
PG
1
1
4
0
2
2
3
0

 

今までやってきたことを着実にこなせば勝利に繋がるとノーペナルティを誓った立教。開始早々からミスを連発し、完全に明治学院のペースとなってしまう。FB福田涼介(4年・桐蔭学園)の確実なキックやCTB小関智大(1年・柏)の鋭く積極的なタックルも明治学院の勢いを止めることができず立て続けに2本のトライを許し、逆転を許してしまう。試合終了まで残り5分、点差は2点。最後まで諦めない立教は足を止めることなく、声を上げ続けた。そして、試合終了2分前、敵陣ハーフウェイ右ラインアウトのラストチャンスを得る。キャッチに失敗し、明治学院にボールを奪われるも、すぐさまターンオーバー。SO岡本力哉(2年・春日丘)の正確なパスを受けたCTB平間大貴(3年・立教新座)がタックルを抜き去り、中央にトライを決める。復帰戦となる平間のコンバージョンゴールも決まり、最終スコア38-35で勝利を収めた。

白星を飾ることができたが、課題の多く残る苦しい試合であった。訪れるチャンスの時にどう取りきるか、選手一人一人が自分にベクトルを向けて考え直す必要がありそうだ。フィールド内は15人でも、チーム全員で戦うという意識がより立教を強くするだろう。残りわずかの春シーズンで、より成長した選手の姿が見られることを期待したい。