ホーム > ロッカールーム > 練習風景:11月11日(土)

  • 2017年11月11日(土)
  • 練習風景

 

立教大学 VS 早稲田大学GW

1本目

立教大学富士見総合グラウンド 15:00 KO


立教 19-5 早稲田GW

 

立教大学
 

   

早稲田大学GW

    

T
G
P
PG
 
T
G
P
PG
3
2
3
0
1
3
0
0


早稲田大学GWラグビークラブとの練習試合が、富士見総合グラウンドにて行われた。明日の武蔵大学戦に良い流れを繋げるべく、確実に勝ちに行きたいところである。

GWボールより始まった1本目。自陣でのプレーが続くなか、相手のキックボールをキャッチしたHO荘加竜(3年・桐蔭学園)が大きくゲインし、敵陣まで攻め込んだ。11分、敵陣10mラインアウトからBKを中心にパスを繋いで前進。WTB山口航貴(1年・桐蔭学園)のパスを受けたWTB津田祥平(2年・東海大仰星)が右隅にトライを決めた。続く20分、ラック内ターンオーバーからNo.8森將貴(4年・立教新座)が相手のディフェンスを突破。最後にパスを受けたSH吉松天成(4年・福岡)が中央にトライを決め、スコアを12-0とする。さらに30分、敵陣22mラインアウトからモールを形成、FWを中心にパスラックを繰り返しゴール前まで攻め込んだ。直後のゴール前スクラムからボールを持ち出したNo.8森がそのままゴールラインを割った。さらに追加得点を狙う立教であったが、ここから立て続けにペナルティを犯してしまい自陣ゴール前まで追い込まれてしまう。36分、ゴール前スクラムから必死のディフェンスを続けるが、またも痛恨のペナルティ。相手に1トライを献上し、スコア19-5でハーフタイムを迎える。

 

立教大学 VS 早稲田大学GW

2本目


立教 36-0 早稲田GW

 

立教大学
 

   

早稲田大学GW

    

T
G
P
PG
 
T
G
P
PG
6
3
2
0
0
0
0
0

 

一本目のゲーム内容を踏まえ、30分間自分たちのアタックを出し切ろうと臨む。GWキックオフから、ミスも続き、中々ボールをキープする事が出来ない。7分、自陣22m地点でGWのキックをHO荘加がキャッチすると、一気に左サイドに展開。WTB佐々木穂波(4年・浦和)→CTB出浦和馬(4年・桐蔭学園)→FL金子裕二朗(1年・桐蔭学園)と繋いでゴール前まで前進する。CTB出浦がラックから持ち出し、トライを挙げた。さらに12分、敵陣ゴール前でラインアウトのチャンスが訪れ、モールトライを奪う。CTB出浦のゴールも成功し、12-0とした。続く16分、CTB真貝隆平(2年・國學院久我山)のタックルでノックオンを誘発。PR今田裕之(3年・浦和)がこぼれ球を拾い、SO岡本力哉(1年・中部大春日丘)へと繋ぎ、左隅にトライ。20分には、粘り強いアタックでフェーズを重ね、WTB三浦弘之(4年・立教新座)が追加点を挙げる。22−0となった直後、キックオフ後のマイボールセンタースクラムから果敢に敵陣に攻め入る。LO宮川千範(3年・立教新座)が相手DFをものともしない力強いアタックを見せ、BKに繋ぐ。最後はFB山本暁稔(4年・桐蔭学園)が右中間に走り込み、29-0と点差を広げた。更に32分、自陣10mでWTB三浦がインターセプトすると、そのまま約60m駆け抜け、独走トライ。36—0で二本目を終えた。

 

立教大学 VS 早稲田大学GW

3本目


立教 39-0 早稲田GW

 

立教大学
 

   

早稲田大学GW

 

T
G
P
PG
 
T
G
P
PG
7
2
3
0
0
0
0
0

 

二本目の勢いをこのままにと、迎えた三本目。開始1分で、敵陣ゴール前に攻め込む。トライまで後一歩のところでターンオーバーされるも、GWのパスミスによるこぼれ球にCTB松下隼也(4年・獨協)が反応。そのまま押さえ込み、トライを決めた。続く6分、敵陣10mの相手ボールスクラムをターンオーバー。No.8山下太靖(2年・函館ラ・サール)→FL中野晴仁(2年・城南)と前進すると、BKで左サイドに展開し、FB山本がトライを挙げ、10-0とする。直後のキックオフから、一進一退の攻防の後、FB山本がHWからゴール前まで大きく抜けると、最後はLO谷畑秀紀(3年・國學院久我山)がトライ。15分には、敵陣22mでの相手ボールスクラムを再びターンオーバー。相手DFを振り切りながら、LO坂口朋生(1年・立教新座)がグラウンディング。スコア20-0とした。そして21分、自陣22mからFB山本のクイックスタートから一気に敵陣に攻め入り、WTB齋藤広騎(1年・東京農大二)が右隅にトライを挙げる。直後、GWのキックオフをNo.8山下がキャッチすると、パスを受けたLO谷畑が持ち味の俊足で、自陣22m付近からゴール中央に一気に駆け抜けた。さらに31分、相手ボールのラインアウトをターンオーバーすると、連続攻撃を仕掛ける。HO野口真郁(1年・立教新座)のオフロードパスを受けたLO坂口がトライを挙げ、39-0でノーサイドとなった。
 強風の吹く中、各ゲームでチームとしての成長を見る事が出来た。明日の武蔵大学戦に良い流れを繋ぎ、入替戦出場の切符をまずは手に入れたい。