秋シーズン2試合目のC戦、次の明治学院大学戦に流れを繋げるためチーム一丸となって戦おうと臨んだ。

試合開始早々、相手のミスに反応しターンオーバーすると拓殖のペナルティから一気に敵陣まで攻め入る。しかし、キックボールが相手選手にあたり自陣まで押し返され先制点を挙げることができない。流れを作りたい立教だが、拓殖ディフェンスに阻まれターンオーバーされるとペナルティも重なりゴール前ラインアウトのチャンスを与え、トライを許してしまう。14分にも拓殖のノットストレートから敵陣ゴール前スクラムのチャンスを得、トライまであと少しのところまで迫るものの、ミスからターンオーバーされ一気にゲインを許しトライを決められてしまう。小さなミスから失点してしまった立教はなんとか1トライ返そうと攻め続けるもののペナルティが重なり再びピンチとなる。しかし粘り強いディフェンスで拓殖のミスを誘いなんとか失点を防ぐ。なかなか敵陣に攻めることのできない立教は自陣でのプレーが続き苦しい時間帯となるが、ディフェンスで力を抜くことなく常にダブルタックルや素早いセットで拓殖の隙をつこうとする姿勢を崩さなかった。スコア10-0として前半を終える。
残り30分足を動かし続けようと迎えた後半。先にスコアを動かしたい立教であったが、自らのミスによりターンオーバーされるとじわじわとアタックラインをあげられ、サイドの隙を突かれてトライを許してしまう。しかし8分、CTB小関智大(1年・柏)が相手のパスミスに素早く反応しターンオーバーするとパスで展開し、SO落合凌平(1年・東京農大第二)がディフェンスをかわしビックゲインする。その勢いにのり一気にトライをとりたい立教であったがまたもやノックオンによりチャンスを活かせない。しかし、このプレーから立教のアタックが勢いづく。拓殖のキックボールをキャッチしたSO落合から展開しFB福田涼介(4年・桐蔭学園)がラインブレイク、さらにパスで繋ぐとCTB高橋駿介(3年・横須賀)が裏のスペースを狙ってキック、惜しくもあと一歩のところで繋がらずトライにはならなかったもののゴール前まで攻め入ることでチームも盛り上がる。そして13分、拓殖のキックがタッチとなり敵陣22 mラインアウトのチャンス。FWを中心にパスとラックを繰り返し右へと展開すると、左の空いたスペースへCTB高橋が走り込みついにトライを決める。メンバーを入れ替えながら次のチャンスを狙う立教は19分、拓殖ペナルティから敵陣10mラインアウトのチャンスを得る。左へ展開しパスを受けたNo.8山本開斗(1年・桐蔭学園)が粘り強いランでゲインし一気にゴール前へラインをあげる。そしてラックからボールを受けたCTB高橋が左の裏のスペースにグラバーキックするとWTB笹本大地(3年・立教新座)が自慢の俊足を活かしてそのボールをキャッチしそのままインゴールにボールを置いた。1トライ差まで追いついた立教は逆転を狙うもののミスが目立ち試合終了間際に2トライを許しノーサイドとなる。

小さなミスからの失点が目立ったこの試合、一つ一つのプレーを大切にしながらもエナジーを出し続けられるチームとなれるよう残り1か月日々の練習に取り組んでいきたい。チームの目標である昇格にCチームメンバーが関わり貢献することを期待したい。

文章:立教大学体育会ラグビー部