C戦の勝利に続きたい拓殖大学戦。東洋大学戦の悔しさをバネに、ジュニア選手権大会初白星を飾りたい一戦は、拓殖ボールで始まった。

開始2分、SH吉松天成(4年・福岡)を起点にテンポ良くパスを回し、敵陣へ一気に攻め込む。拓殖の迫り来るDFを左右に揺さぶるパスで躱し、FB青木天真(1年・立教新座)→WTB三浦弘之(4年・立教新座)→CTB松下隼也(4年・獨協)が右中間にトライを決める。5-0とし、先制点を奪う。直後、奮起する拓殖の攻撃に屈することなく果敢に仕掛け、拓殖のペナルティを誘発する。ボールをものにした立教は、H/WでWTB藤原大晃(2年・桐蔭学園)が拓殖のDFを抜くキックをけり、ゴール前まで陣地を進め、チャンスを作る。ゴール前で再びペナルティを得た立教はモールで押し込み、FL吉澤一作(3年・本郷)が左端にトライを決め、10-0とする。さらに16分、開始から圧倒していたスクラムでボールを奪取し、SH吉松→SO早川亮輔(3年・東京農大第二)がトライ。15-0と点差を広げる。その後、互いに譲らない攻防が続く。敵陣へ攻め込むもパスミスやノックオンなどのミスが重なり、なかなか取りきれず我慢の時間が続く。しかし、拓殖に攻める隙を与えず、スコアに変動のないまま15-0で前半を折り返す。
ハーフタイムではチームの雰囲気も良く、ポジション毎に前半を振り返り、練習でやってきたことを出し切って拓殖と向き合おうと話した。後半初めから5人メンバーを入れ替え、気持ちを新たに挑んだ立教は開始早々、 WTB藤原が拓殖のDFを割って左サイドを駆け抜け、ゲインを大幅に突破する。No.8若林稜大(4年・本郷)→FB大野木慶太(3年・立教新座)→SH光長浩晟(2年・大分上野丘)からパスを受けたFL吉澤が左中間にトライ。22-0とし、立教を再び勢いづける。8分、拓殖の素早い攻撃に苛まれるもハイパントからボールの主導権を得た立教はパスを繋ぎ、WTB三浦がキックを蹴る。拓殖がキャッチするも、WTB三浦のキックにいち早く反応したSH光長がゴール前でしとめ、ノックオンを誘発させる。ゴール前で拓殖からペナルティを立て続けに犯させチャンスを作り、モールから持ち出したFL田中博進(2年・獨協埼玉)がトライを決め、27-0とする。その後、LO坂口朋生(1年・立教新座)やPR金丸倫己(1年・立教新座)の果敢なタックルで拓殖を脅かす。しかし、6年前に引き分けて以来突き放されてきた拓殖の力強い攻撃に屈する。勢いにのった拓殖の攻撃にDFを躱され、中央にトライを許す。これ以上の反撃を阻止したい立教はトライされた後決して下を向かず、鼓舞し合いながら気持ちを切り替える。37分、拓殖陣ゴール前で粘り強く攻め続け、拓殖のペナルティを奪取する。クイックスタートを切ったSH光長からパスを受けたSO早川がトライ。32-7とし、再びトライをもぎ取る。拓殖からの攻撃を守り続け、32-7でノーサイド。ジュニア選手権大会初白星をあげた。

15日に控える関東大学対抗戦に弾みをつける一戦となった。メンバー全員が勝ちに拘り、気迫溢れるプレーで強豪拓殖大学を圧倒した。ジュニア選手権大会は残り1試合。練習の成果を全て発揮し、万全の態勢で挑めるように一丸となって最終戦を迎えたい。

文章:立教大学ラグビー部